Warning: Use of undefined constant REQUEST_URI - assumed 'REQUEST_URI' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/matchate/public_html/japanese/wp-content/themes/tea/functions.php on line 73
最高級の日本茶の由来 - ChilTea
Despına

Waiting ...

最高級の日本茶の由来

Chiltea tokyo | Dec 09, 2018 | コンテンツ |

最高級の日本茶の由来

「日本の美」としてよく知られるものの内の一つが日本茶です。健康的な飲み物として、不可欠なものだと考えられています。糖尿病・がん・心臓病のリスクを軽減させることに加え、代謝を上げ、脳内活動を向上させることで有名です。お茶が持つ全ての治癒的成分から、必ず聞かれることがあります。それは「どこでお茶は生まれたのか?」

日本茶の歴史をたどる

日本茶の由来は、中国から戻ってきた仏教僧が日本に最初の茶の種を持ち込んだ9世紀初めに遡ります。そして日本茶は、宗教階級の中で好まれる飲み物の一つになりました。特に禅の仏教信者は、歴史上、日本の茶道文化の発展に貢献していると考えられ、それは茶道のお点前で使われていた抹茶を含みます。

静岡県産のお茶

現在、数あるお茶の生産地の中でも、静岡は日本で一番のお茶の生産地として有名です。その数は国内の全生産量の中でも40%を占めています。そもそも、静岡の茶畑は1200年ごろ早期に形成されます。気候や綺麗な水、豊かな火山性土壌、主要な港が近くにあることが、高品質のお茶を育てる一番の助けになりました。実際のところ、17-18世紀の徳川幕府の初代将軍徳川家康は、静岡県の山々で育てられたお茶を好んでいたと言われています。
19世紀初頭、徳川家将軍は貿易用としての日本茶のポテンシャルを確認し、静岡県の西部にある牧之原で栽培させ始めました。このことは、静岡産の煎茶が商品作物として製品となり、流通していくことに繋がります。そして静岡は名高い煎茶の風味や質を向上し続けるために、積極的に検査など、現在も尽力し続けています。

お茶と一緒にリラックスする

日本茶は今日現代の技術を使用し、ほぼ機械化され耕作されています。日本のますます高くなる人件費を考えると、最高級のお茶だけが手作業かつ伝統的な手法で栽培され、仕上げられているということが理解できます。
Chilteaは日本各地のお茶農家さんと提携し、日本茶の栽培背景にある豊かな歴史や伝統に敬意を表するブランドの一つです。私たちのお茶のほとんどが、静岡の有名な茶畑で育てられています。それらのお茶は最高水準として見なされ、毎年限定量のみ生産されます。
お茶を楽しむ様々な方法を元に、Chilteaは煎茶やほうじ茶、かぶせ茶、ゆず煎茶、そして抹茶など、お客様に多種多様なお茶を提供します。それぞれのお茶の葉は慎重に選別され、何百年も蓄積された技術を身につけた熟練の技術者によって手摘みされています。最高級品質に加え、Chilteaのお茶はそれぞれ異なり、物語を持っているのが特徴です。