Warning: Use of undefined constant REQUEST_URI - assumed 'REQUEST_URI' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/matchate/public_html/japanese/wp-content/themes/tea/functions.php on line 73
日本茶を飲むと良いことがいっぱい? - ChilTea
Despına

Waiting ...

日本茶を飲むと良いことがいっぱい?

Chiltea tokyo | Dec 03, 2018 | コンテンツ |

健康でい続ける方法には、日々の運動やビタミン摂取、高繊維食、ポジティブな考え方を維持することなどがあります。私たちの生活において、健康を保つことはとても重要ですし、身体的にも、精神的にも、常に気遣うことが必要です。しかし、頭ではわかっていても中々難しいですよね。そこで提案です。
実は、水の次にお茶は世界で最も消費されているものです。お茶は減量や心臓病の予防を助けたりリラックスしたりと、多くの健康的な効力があります。お茶が健康に関することほぼ全てに補助的役割をするということは、容易く言えます。

日本茶の特異性

世界には多数の種類のお茶があります。それぞれのお茶の種類は、お茶葉の酸化のレベルによって決められます。最も王道のお茶の種類は、ブラックティー・ウーロン茶・緑茶で、これらは全て、茶の木、すなわちカメリアシネンシスの葉から作られます。それぞれの違いは、加工工程です。ブラックティーは最も一般的なお茶で、その葉は丸めて発酵させますが、その方法はウーロン茶を作る方法と少し似ています。

一方で緑茶は発酵させるという工程がなく、それが3種類の中で一番健康的なお茶にする方法です。発酵工程をしないことで、緑茶は最も抗酸化物質や有効ポルノフェノールを含むことができます。

また緑茶は、中国やインドが発祥で、栄西という名の禅の僧侶が喫茶養生記という本を書いた1191年まで遡ると、慣例上お茶は医薬目的で使われていました。栄西は中国とインドで留学していた仏教徒でした。彼は本の中でお茶の高尚さや緑茶のいろは、健康にいかに良いかについて語っています。彼はこの知識を本を通じて日本に持ち込み、そしてこれは大きな成功を納め、日本に茶文化を登場させました。

日本茶の種類

栽培方法や栽培環境、蒸し方や乾燥の仕方によって、数種類の日本茶があります。各種それぞれ異なる特徴や風味があります。

煎茶

煎茶は最も一般的な日本茶です。新芽だけを使うので、煎茶は酸味と甘みのバランスが取れたお茶です。

玉露

玉露はしばしば最高級の日本茶と言われます。玉露は被覆栽培のお茶の為、芳醇な香りがあります。そして綺麗な深緑の色や類ない香り、甘みとだしのような風味のコンビネーションがあるお茶です。

ほうじ茶

ほうじ茶はまろやかな風味のお茶として知られ、カフェインレスのお茶なので、料理の後に最適です。赤茶で焙じられた香りがします。

抹茶

抹茶は鮮やかな緑色が特徴的な一番有名なお茶で、玉露のように、お茶の風味やカフェイン量が高くなる被覆栽培の高品質のお茶の葉から作られます。抹茶は独特なはっきりした風味があり、最近は料理によく使われる人気の材料となっています。

玄米茶

玄米茶は煎茶と焙煎された玄米のブレンドティーで、ポップコーンのような焙煎された風味に加えまろやかな風味がするお茶です。低カフェインのお茶を好む人にオススメです。

玄米茶

玄米茶は煎茶と焙煎された玄米のブレンドティーで、ポップコーンのような焙煎された風味に加えまろやかな風味がするお茶です。低カフェインのお茶を好む人にオススメです。

お茶を飲んでみませんか?

なぜ私たちは緑茶を飲んだ方がいいのでしょうか?単縦な理由は「健康的な効果がたくさんあるから」ですが、それ以上の理由があります。

体調を改善する

緑茶は減量するツールとして知られており、代謝を良くしたりポリフェノールを含んでいます。ポルフェノールは脂肪燃焼度を向上させ、食べ物をカロリー(熱量)に変えます。そしてお茶に含まれるカフェインは脂肪組織から脂肪酸を結集させ、エネルギーに変えます。これは体の内部の働きを向上させるのを助けています。

心臓の健康を促進する

これまで長期的に緑茶を摂取し続けることで血圧が改善したり、心臓血管や心臓発作、脳卒中のリスクを減らすということを主張する研究がされてきました。最低でも一日に3杯飲むと、血圧の制限に効果があるという調査結果が出ています。
緑茶はフラバン3オールやアントシアニン抗酸化物質を含み、それらは新陳代謝や心臓血管に影響する効果を発揮します。また緑茶は、血圧を下げるのに使われるACE阻害薬の要素がある為、心臓のポンプの役割をする血液の量を増やすのを助けます。

コレステロール値を下げる

緑茶はLDLや悪いコレステロール値を下げることで有名です。また、体内の良いコレステロール値(HDL)を上げるとも言われています。

歯や口内環境を改善する

抗酸化物質のカテキンは、口臭や喉の感染症、プラーク(歯の表面に固着した細菌)、歯や口内に関する他の問題などを引き起こす可能性のある口内のバクテリアやウィルスを殺す助けをするという研究結果があります。そして、ウィルスやバクテリアの感染を防ぐので、緑茶は口内の健康状態を向上させたり、虫歯を防ぐのを助ける効果があります。そのため、歯磨き粉の種類には、お茶の要素を抽出して練りこまれたものもあります。
歯や口内に関する問題に加え、カテキンの抗ウィルスや抗バクテリアという特徴は、体内の数多ある病気の広がりを抑える助けをすることができます。

脳の健康を促進する

アルツハイマー病やパーキンソン病は脳細胞の低下やダメージが引き起こす病気です。研究によると、緑茶は脳細胞が死なないように保護し、ダメージを受けた脳細胞を復活させるそうです。そして緑茶のカフェインの要素も、脳の健康を促したり、ストレスや不安を減らすのを助ける効果があるとか。お茶の他の要素として、アミノ酸やL-テアニンがあります。これは血液脳関門を通過し、脳の健康を促進する助けをします。
L- テアニンは、不安や落胆などの精神的な健康問題を妨げる助けをし、このアミノ酸は、落ち込んだ気持ちと戦う大事な要素であるセロトニンやドーパミンを刺激します。研究では、日常的に緑茶を飲む人は、より落胆や不安、ストレスを感じにくいと示されています。

糖尿病を予防する

2型糖尿病は世界中の約5億人がかかっている、最もよく知られた病気の一つです。緑茶はインスリン感受性を高めるのを助け、血糖値が上がるのを防ぐと言われています。そして糖質をより代謝させるように、細胞を敏感にすることができます。

ガンを予防する

ガンは体内部での細胞侵略や組織的転移によって広がる、細胞の予期できない発達で発症する悪性腫瘍を含みます。最も一般的な死因の一つで、今日までにガンの明確な治療法はまだありませんが、それを予防する方法はあります。
そのうちの一つが、抗酸化物質を取ることで、すなわち、お茶は抗酸化物質の要素を持っています。緑茶によって予防することができるガンの中には、乳がん、食道がん、前立腺がん、皮膚ガンがあります。

肌を若く保つ

お茶は肌を若く保ったり、若い頃のほうれい線やシワを予防するなどの効果がある抗炎症物質や抗酸化物質を含んでいます。これらは、フェイスマスクと同様に、習慣的にお茶をきちんと飲むことで予防出来ます。ある調査では、はちみつとティーバッグの緑茶の葉で作られたフェイスマスクを使うことを提案しています。これによって、アンチエイジングを補い、肌を綺麗にするそうです。加えて緑茶は、くまや目の腫れに効果があると言われており、くまや目の腫れを引かせるように、抗酸化物質は目の周りの血管に影響を与えます。

緑茶のデメリット

ここまで、緑茶は飲み物の中だとスーパーヒーローのように絶対的存在かと言うかの如く、多くの健康的利点を伝えてきました。しかし欠点もあります。
お茶を飲む頻度に関して、緑茶はカフェインの入った飲み物です。カフェインには確かに多くの効能がありますが、大量摂取しすぎると体に毒です。カフェインの大量摂取は胃潰瘍や動機、不安障害、睡眠障害などを引き起こす可能性があります。
胃食道逆流症(GERD)や妊娠のような特定の健康状態にある人は、まず安全に摂取できるカフェインの量について医者に相談することをオススメします。

まとめ

緑茶の飲み過ぎは良くないということは明らかですが、お茶の効能はいつもそのリスクを目立たなくさせます。それに、適度かつ量を調整して飲むなら、緑茶は全体的にかなり理想的な健康飲料です。命に関わる病気の予防に効果があり、精神的にも肉体的にも健康になり、若々しく見えるよう助けます