Warning: Use of undefined constant REQUEST_URI - assumed 'REQUEST_URI' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/matchate/public_html/japanese/wp-content/themes/tea/functions.php on line 73
徳川家康が愛した日本茶 - ChilTea
Despına

Waiting ...

徳川家康が愛した日本茶

Chiltea tokyo | Nov 20, 2018 | コンテンツ |

お茶は長年深く知られている日本文化の一つです。茶道から伝統的な和菓子まで、日本茶は確実に重要なものです。今日ですら、お茶を飲む文化は日本人の日常に欠かせないものです。実際食事の終わりには、よく水の代わりに入れたてのお茶で締めくくられます。

しかし、お茶はかつて上流階級の人だけが飲める飲み物だったと知っていましたか?もともと、お茶は日本人の僧侶たちによって1000年以上前に登場しました。僧侶たちは中国で仏教を学び、お茶の健康的な効力を見つけ、これを日本に広めようとします。

お茶は当時広く受け入れられましたが、一時期は宗教的階層にのみ飲まれていました。しかし、日本でお茶の栽培が成功し始めた時、皇族や上流階級ですら同様に健康飲料として飲み始めました。

徳川家康のお気に入りの一杯

当時お茶を飲むのを楽しんでいた人の中でも有名なのが、徳川家康です。徳川家康は徳川幕府をつくり、その最初の将軍になった人として知られていますが、彼は三人いる日本を全国統一した重要な人物のうちの一人です。こんな権力があり崇高な人でも、お茶を楽しんでいたということを誰が想像できるでしょうか?しかし、実は知られていないことがあります。徳川家康のお気に入りのお茶は、特別な煎茶などではありませんでした。

静岡の日本茶について

日本には約20種類の日本茶があります。そしてお茶は日本中で栽培されており、中でも最も有名な生産地は静岡県、鹿児島県、京都府宇治です。ご想像通り、徳川家康は趣味がよかったと言われています。彼のお気に入りのお茶は、私たちがお店で手に入れられるのと同じ、静岡で作られたお茶でした。

日本の中部に位置する静岡は、お茶の栽培に特化した広大な土地が広がる山岳地帯ですが、鹿児島と京都宇治と競合する中でさえ、静岡は日本でお茶の名産地として賞賛されてきました。今日たくさんの日本茶ブランドがありますが、静岡の伝統的なお茶の葉を超えるものはありません。

その地域の気候が温厚のため、他の近隣地域に比べ、静岡はお茶の葉を育てる完璧な天候環境があります。しかし高品質のお茶は好ましい気候だけが理由ではありません。細部まで気を配りながら収穫することに多くの時間をかけます。そしてその気配りが、それぞれのお茶の袋に最高級のお茶の葉のみが入っていることを保証するのです。これがきっと徳川家康が静岡のお茶を好んでいた理由でしょう。

 

お茶を飲んでみませんか?

百聞は一見にしかず。徳川家康のような有名な人物ですら好んでいた日本茶を試さない訳にはいきませんよね。多くの人が言うように、歴史から学べることは多いです。そしてもし今、徳川家康が「静岡産のお茶は美味しい」と言ったら、きっと耳を傾けてその意見を聞きますよね。静岡産の日本茶を一杯だけでも飲めば、時代が変わっても変わらない最高の味の理由がわかるはずです。